« まだまだ いるんですか? | トップページ | R公園 偵察の続き »

2005/11/21

R公園 偵察…

昔からのボランティア獣医さん、駐屯地北端迂回ルートの大渋滞に懲りたので、南端迂回ルートを使ってみました。そこそこ流れてるのはけっこうなんですが、大きな問題が…。

途中に、捨猫名所の R公園 があるんですよ。
2004年の春~夏に、有志数名で一斉手術に着手したんですが、結果は散々でした、ここでは言えないモロモロの事情により…。

なのでしばらく寄り付かないようにしてたんですけど、目に入ると やはり気になる、あの時リリースした子たちは元気だろうか、新顔が増えてないだろか、子猫は…、いないよね、これから寒さに向かう季節だもの。

まぁ、こんな感じで。
PIC00019PIC00024
PIC00034PIC00036
PIC00037
この三毛 (上の写真で右側に座ってる子) は とてもなつっこくて、初対面の私でも触り放題、”そのままお持ち帰り可能” なくらいでしたが、おなか撫でたら乳房がはっていたので、やむなく置いて来ました。子猫がいるなら、母猫だけさらってくるわけにはいかないよ。子猫デビューを待って保護するか…、せめて手術だけでも。

本格的な寒さの前に保護できるといいんだけどな…。

しかしこんなにつかまりやすい子を、どうして毎日餌ヤリしている連中は誰もなんにもしてやらないんだろう?(怒)。

|

« まだまだ いるんですか? | トップページ | R公園 偵察の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78997/8390117

この記事へのトラックバック一覧です: R公園 偵察…:

« まだまだ いるんですか? | トップページ | R公園 偵察の続き »